スカイプで

最近スカイプを使って遊びまくってしまっています。
まるでひきこもりの人と、傍から見たらそう変わりません。


スカイプは一年以上前に登録していたのですが、
なんとなく放置していました。

ところが友人にスカイプの話をしたら
「それなら私も始めるから遊ぼう。」という事で、
早速二人の間の意思疎通の為の機器は、
携帯メールからスカイプに変わりました。

その後驚いた事に、デキル君の友人からコンタクト要求が来て、
思いもしない所で検索されているものだと、文明の凄さを感じています。

デキル君の友人のお母さんから、
お父さんが開く花展の無料招待券を数枚送って頂いていたので、
ついでで申し訳なかったのですが、
お礼が出来てラッキーでした。
この時点ではまだ、チャットと通話だけでしたが、
チャットだけでも4時間はいけました。


慣れてきた頃に、スーさんから連絡がきて
テレビ電話を体験しました。

ただ、顔を見て話をするのが苦手な私は、
照れくさいのと緊張で、目のやり場に困りました。
ありがたいことにスーさんのパソコンの配置が良いのか悪いのか、
顔が逆光で真っ黒だったので、すんなりしゃべることが出来たのですが。


ゲームの中のチャットも、これとそう変わらないんだろうな~なんて思いました。
いつも同じメンバーとチャットしているとしたら、
実に現実とそう変わらないチャットの中の不思議な空間が、そこにはあるのです。
これは、ホント、やってみなくては分からないと思います。
電波で繋がれているのに実にリアル、しかしやはり間には電波がある。

楽しい気持ちの反面、私には、まだ違和感がありました。

しかし、いずれは電話にはまったく違和感を感じないのと同じように、
そこに肉体が無くて文字だけであっても、
更にはテレビ電話での画面だけの『再会』にさえも慣れるものなのでしょうか。




ちなみに、
デキル君と友人からビビられたのですが、
チャットの文章は一行が基本なんですね?
10行打ちした私は、マナー違反だそうです。072.gif
そんなんじゃ、話たりなくないのかな?



あら~またスーさん、スカイプにオンラインしてきたわよ(^^)/
[PR]
by futoukou | 2010-04-30 20:56 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧