計画停電 

停電になると子どもが怖がると思い、さすがの私も明かりを求めてあれこれ知恵をしぼった。

懐中電灯はどこにも売っていないので、
花壇にソーラー電気の街灯があったのを思いだし、家の中に持ってきた。
2つあったのに、1つは盗まれていて無くなっていた。


a0116409_10113355.jpg



夕刻にはお風呂に入る時でも防滴なので、これは使える。


さらに、今更耐震グッツを買いに行ったらいいモノを見つけた。


a0116409_10113326.jpg



自転車用の防滴ライトだ!(^^)! やった~!!

電池も単4を3本使用するが、単3よりも入手しやすい。


これならお湯こそ出なくなるけど、子どもがお風呂を怖がらないで済む。






しかし、なぜだか今日も我が家の近所だけ停電にならない。

家の近くに公共性の高い設備があったりして、
それを止めると停電よりも大変な事態になるからだろうか?と
近所ではわからない理由に頭をかしげている。


それでも、被災地では大変な思いをされている人々の事を考えると
出来るだけ節電をこころがけなくては、と思う。

福島の親戚がまだ見つからない。
そして、違う親戚が自衛隊で救助活動に参加しているらしい。

なにも出来ない自分が申し訳ない。

放射能に神経質になっているデキル君とギャク男が不安にならないように、
せめて ドンと構えてなるべく普通にしている。


ハイパーレスキューの人達の活躍を観て、感動して、今朝はもらい泣き…。
こころから ありがとうございます。
[PR]
by futoukou | 2011-03-22 10:11 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る