不登校で自信を失って動けなくなってから、自信が戻るきっかけ

a0116409_14543154.jpeg
昨日は私の誕生日だったので、
沢山の方からFacebookやライン、メッセンジャーなどからお祝いメールを頂きました。110.png179.png
ありがとうございました。162.png

さて、昔、大変だった長男くん。
自信を持って自分らしく生活しています。

小学生の時まったく自分に自信を無くしてから、
動けなくなり、食べられなくなり、お風呂も入れなくなり、喋らなくなり、
この子は死んでしまうのではないか・・・
本気でそう感じる状況でした。134.png

それでも彼が動けるようになったきっかけは、
彼が唯一繋がっていた外とのつながりを、私が否定しなかった事。
そして、彼が好きな趣味を否定しないでいれた事。
それがあったから、趣味で繋がっている友人に会いたいという気持ちが出てきた事。

それが再大のポイントだったと思います。110.png

外に出れさえすれば、新しい価値観と出会えるチャンスが増えます。
自分自身の考え方に広がりが出来て、
色々な方法があることを、より知る事もできます。

実際彼は一人で静岡に出かけていき、
そこの友人のお父さんや友達と沢山遊んでもらいました。
一人で遠出出来た事。
そこのお父さんが、たくさん褒めてくださった事。
そこに来ていた仲間でいられた事。

そこで、自分の力をわかるきっかけになりました。179.png

正直、沢山リスクがある出来事でした。
当時は死ぬほど心配もしました。
なので、親が相手の家庭と繋がる事を条件に、いくつかの約束もしました。
育児をする中で、子どもが巣立つ時に親も究極の覚悟を決めなくてはいけません。


心配ばかりしていては、子供は敢えて羽ばたかない。
それは、子どもが親を心配して動かなくなってしまうからです。
心理学的にいうと、共依存という状態です。

子どもに干渉せずに、心配しつつ、口を出さないでいる事。
子どもが困って助けを求めてきたら、力になってあげる事。
子どもが自立するには、それが大切だと感じています。

不登校でお悩みの方、
ぜひ、お子さまが外の世界と繋がれるようにご支援して欲しいと感じます。

急には動けませんが、必ずそのきっかけは出来るはずです。
自信が戻ってからは、自分でどんどん道を開いていこうとします。

ゆっくり親子で一緒に成長すればいいと思います。

育児や不登校でお困りの方、ご相談くださいませ。
只今、超低額。。。(^.^)
理由は簡単。


同じ辛い思いをした私だからです。
下のQRコードからお申込みくださいませ。

a0116409_14483686.jpg





#こころ #不登校 #引きこもり #自信がない #育児不安 #登校拒否 #不登校の子への対応




[PR]
by futoukou | 2018-09-27 21:13 | 不登校とどう向き合うか

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧