わからない事が何なのかさえ、わからない時 

わからない事がなんなのか、わからない

デキル君が帰宅まもなく,
そんな話をしてきました。
それこそが今、彼の抱えている大きな課題です。




高1の必須単位を取得しないで、
そのまま高3に進級している子達がいます。

その中には、すでに大学に合格しているにもかかわらず、
卒業までに取り残した高校の必須単位を取得しないと
結果的に大学受験資格をもらえずに、進学出来なくなるのです。
卒業の為の総合単位数と、大学資格必修単位が違う事を把握していない子が、
受験間際にこの事に気がつくと、こんな状態になります。

実はデキル君はまだ進学先すら決まっていませんが、
この単位を取得する為、この課題も終わらさなくてはなりません。

昨年から顔見知りの教員に、
数学の単位について相談していたらしいのです。

教員は「わからない事は何?」
と質問してきたそうですが、
「わからない事が何なのかが、わからない」
と話して、それ以上は発展した話がなかったというのです。
私は勝手に、課題が出ていて問題が解けないのかな?と想像しました。
その後でわかった事ですが、課題すら渡されていなかった。
という事態です。

他にも、単位をくれない事で有名な教員の、
日本語(国語の事です)の教科も取得しなくてはなりません。

すでに、デキル君はパニックになっているようでした。
他に相談できる教員は知らないとの話です。

これは…もう自力では無理だ。そう、直観しました。
「Nさんに相談してみる?」とデキル君に聴いてみると、
「頼む。」との事でした。



同じような出来事が、私の経験の中にもありました。

私が小学校の時、余りにも荒れていた為に勉強に対してやる気が失せ
いざ中学生になり、これから頑張ろうとした際に、
勉強の仕方さえどうしていいものか、
わからない事がわからなくて、
数学の教科の先生に質問しに行った事があります。

その時にも、「具体的に何の問題がどんなふうにわからないのか、
説明してもらわなきゃ教えようがないね。」といわれました。、

「漠然と、全部がちんぷんかんぷんで…」としか答えられませんでした。

そこで私は、その教員が憎らしくなり、
『こいつに馬鹿にされたくない。』と、
私がわからない事を理解ってくれる塾の先生を自力で見つけ出し、
人より何倍も勉強をしました。

塾の先生が私に言った事は、
「数学に関しては、特に、基本から順番に学ばないと身に付かないのよ。
たとえば、掛け算があやふやだと、割り算も、因数分解も解けないでしょ。」

かくして私は、当たり前の事から始め、
どんどん学力と勉強の仕方をマニュアル方式で身につけ、
中一の終わりには、100点が当たり前になっていきました。

この経験があったので、
わからない事がわからないという事がどんな状態なのか、
私にはすぐに理解できました。

そして、自由の森の教員の中から、
なんともややこしいこの事態を理解できるだろうと感じた
数学科で校長のNサンに、明日入試という多忙な日の前夜、
申し訳無く思いつつ電話して相談したのでした。

Nさんはすぐさま、「その場合は、一対一で一緒にいて教えてあげなきゃ、無理ですよ。
基本からどうしたらいいのかわからないんでしょうね。僕が見ましょう。」
そうおっしゃってくださり、
デキル君にとっては、超・超・超何度の高い『校長室』を訪問する事となりました。


人見知りで、人と密接な状況が苦手な子なので、
校長室は、相当しんどい場所です。
電話さえ苦手で大嫌い。緊張して全身汗がでるそうです。

そんな子でも、本気ならば、行くだろうし、
もし行けなかったら本気ではない。そう自分に言い聞かせました。




約束当日の夕方、デキル君から、
「行って来た。数学のプリント貰った。解き方が書いてある。」と連絡をもらいました。




またしばらくは、
遠くから応援しつつ
離れていようと思います。 (@^^)/~~~
[PR]
by futoukou | 2010-01-27 23:46 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧