<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

主催者二人は天秤座

先日のしゃべり場は、ジモ卒の先輩も来ていただき、
内容の濃いしゃべり場になりました。
ジモリに向かう足は悲しかったはずなのに、
ジモ卒お二人からのあり得ない話に
みんな爆笑に包まれ、一時でも楽しく感じていただけたでしょうか。



さて、主催者のマグロandペンギンは仲良く天秤座
という事で、少し早めでしたが生きている事に感謝のお祝いをしました。

二人して仏壇の火を消すかの様に
ローソクを手で仰ぎ消しました。
≪新型インフルエンザ対策なんですが、なぜか私の左手は拝んでたっけ≫

今日、マグロさんから下記の様なMailを頂きました。

メールのほんの一部ですが、
この慈愛を感じるメッセージを読んで頂いて、
少しでもお役にたてましたら、うれしく感じます。



Happy072.gifBirthday
ひとつ歳を重ねることはここまで無事生きてきたことの大切な証しでもあります

生きていればこそ喜びも悲しみも感じることができます。

ありのままを受け入れて、自分を大切に、そして人を慈しんでいけば、小さなことも喜びに変わります。
少しずつ小さな喜びや幸せが増えていきますように

お誕生日おめでとう
067.gif


という事でお誕生日以外であっても、
今日、今、生きていられる事への感謝を込めて
みなさんにも最高の幸せが届きますように001.gif


実はペンギンは、いたずらが大好きなので、
マグロさん用のケーキには、マグロさんの精神年齢に添って、
一番太っといローソクを ご用意しました037.gifふふっ

ローソクを刺す担当のスーさんの手が、震えてたか否かは・・・スーさんにご確認を(*^^)v
[PR]
by futoukou | 2009-09-27 22:12

本家・本元 のおやじがやってくる!!!

先日、ありがたいご連絡を頂きました。
巨大鉄板の、本家・本元であるおやじの会の Kさん という方からでした。
なんとその方は、私が巨大鉄板に出会ったお祭りで「ジャンボチャーハン」を作っていたそうです。

たまたまブログを検索されて、
本当に偶然に、 「風のとおり道」 のサイトにたどり着き、
自分達の鉄板の記事をご覧頂き、驚いたそうです。

うれしい事に、この企画に協力してくださるというご連絡でした。

実のところ、このブログは自由の森学園とはリンクしていませんので
なかなかここのブログに辿りつく事は難しかったりします。
理由は、自由の森学園が、不登校の生徒を対象としている学校との誤解を避ける為に、
敢えてリンクはお願いしていないワケですが。



さて、、あんなに大きな鉄板はみんなが初めてで、

焼きそばを作っているはずが、 出来上がりがポロポロになって
 「これは、オムそば ですか?」  という不安が 主催者にあって、

「オムそばになったら、オムそばで、売ろう・・・037.gif

と、ジョーダン混じりに話していました。

しかし、経験者である おやじさん・・・(^.^)/~~~ 
当日、いろいろとご指導をしてくださるそうで、
間違いなく「焼きそば」を作る事ができます。

こころ強く、本当に感謝いたします。

当然、そのKさんは 旭庵 甚太郎 の Sさんのおやじの会のお仲間です。
ここまで、偶然が続くと・・・・
訂正)甚太郎→甚五郎 の間違いでした。

本当にワクワクしてきます。024.gif
[PR]
by futoukou | 2009-09-25 22:24 | お知らせ

サプライズ

9月26日・しゃべり場でのサプライズ計画
この日は下記の予定通りのしゃべり場を開催しますが、
ぺんぎんが永遠に増えないロウソク18本を用意して、みなさんをお待ちしています。067.gif

ほかにも、もしかしたたら、サプライズがあるかも・・・(*^_^*)

詳細はブログのひとつ下の  今月の予定 9月のしゃべり場 の日時 場所を
ご参考くださいね。
[PR]
by futoukou | 2009-09-22 19:38 | しゃべり場予定

巨大積み木

a0116409_10202425.jpg


こんにちは。主催者のスーさんです。
巨大つながりで巨大積み木で遊んできました。巨大といっても一つの積み木は4.5㎝×4.5㎝の立方体が基本で2倍体、3倍体、2倍体の2分の1の直方体、さらにその2分の1、など〜あー、あたまがこんがらがりそう。〜がそれこそ体育館の半分くらいの場所いっぱいに展開されていくのです。お城、塔、何かわからないけど高いもの等。それはそれはみんな楽しそうに、積んでいきます。時々バッシャーンと倒れる音。痛快この上なし、です。やはり人間の本能なのでしょうか、破壊したいのは。
最後に巨大な山を作り、穴をあけていくのですが、それはそれは壮観でした。残念ながら時間がなく、人が通れるくらいの穴があけられなかったのですが、最後に山を崩したときは壮快でした。
痛快、壮観、壮快、これって癒しに通じませんか?


私も一緒にやりたかった。というか、いつの間にかカメラを横にせっせと手伝っている自分がいました。

積み木でこんなに巨大なものを作ったのは生まれて初めて。実にわくわくする体験でした。

そういえば自由の森25周年企画でもカプラという積み木で遊ぶコーナーがあるらしいですよ。ぜひご体験を!
[PR]
by futoukou | 2009-09-15 10:20 | スーさんの旅日記

鉄板仲間・自由な気持ちで大きく進め

前回お知らせしています、巨大企画。ますます内容が煮詰まってきました。
ご存じ無い方は、ひとつ前のブログをお読みくださいね。

まるで魔法にかかったように、点と点が一つの巨大な絵を作り出していくような、そんな企画に自分でも驚きの連続です。
とにかく、鉄板しか無い状態から始まり、移動させる手段も、当日の人手も、ノウハウもそして予算もすべてゼロ。
そんな企画が成功したのは、点と点が実は不思議な繋がりをもっていた線であったからです。

鉄板と私の出会いと、連絡を引き受けてくれた桐パパさん。
そして、学校の作業の協力に集まっていた ええやんさんとマグロさんで
「トラックないねー」 と愚痴った時、「家なら運べるかもー」と、たまたま目の前に座っていて、そこで出会った東栄バスの関係のМさん。
きっと、必然的に主催者の目の前の、そこに座っていたのでしょうね。


実は、ここ自由の森学園にデキル君が入学した時から、そんな偶然が何度も何度も私の周りで起きていました。

このブログは不登校を対象にしています。
なので、ぺんぎんは極力在籍している学校の話題には触れないように作っています。
たまにしか登校出来ないお子さんを持つご両親にとっては、
学校を思い出す事さえ嫌な時もあるからです。
ただ、今回どうしても、お伝えしたくて、学校の話を、書かせてもらいますね。
辛い気持になってしまった方はごめんなさい。

入学式当日、電車を乗換の際、私は乗る方向がわからなくて
反対方向に連れて行かれました(そう、連れて行かれたのです。)・・・ぺんぎんは、電車が苦手なのです。
急いで次の駅で逆のホームにダッシュ。

東飯能からタクシーに乗り、「死ぬ気で飛ばしてください。入学式に遅刻してしまいそうなので」と、運転手さんに顔面蒼白でお願いしました。

続きをご覧になりたい方は、こちらから
[PR]
by futoukou | 2009-09-14 23:12 | お知らせ

巨大鉄板で一緒にわくわくしませんか?

こんにちは。(^.^)
今回は、メルマガでお知らせしています内容を編集して、
ブログの方に載せさせていただきました。

まず、今回の内容ですが、

のんびりペースの主催者軍団が、ちょっとだけ頑張って
ストレス発散しちゃおう!!!
という事で、

不登校関係の運営とはまったく関係ないのですが、

本当に沢山の有志の方にも協力を頂いて
わくわくな企画を行える事になりました。

この企画ばかりは、
本当にみなさんのお力がなければ実現しなかった、と思われる企画なので、
「行える事になった」という表現が適切なワケです。

風のとおり道 に来ていただいている方からも、
協力の連絡をいただき、
うれしくてたまりません。


少し長くなってしまいますが、
その企画と完成までの道のりとは、

4メートルもある お化けのような巨大な鉄板と、
ぺんぎんが昔住んでいた街のお祭りで、出会うところから始まりました。

どきどきしながらも、図々しく、
「予算の無い山の中の学校で使いたいので、
ぜひ、この巨大な鉄板を無料で貸してもらいたいのですが~」とお願いしてみました。

「どこの学校?」と聞かれ、
どうせ知らないだろうな~と思いながらも、簡単に

「自森です。」
と答えると、

「ああ、会の中にも、自由の森の保護者がいるよ」との事に
びっくりしました。(^.^)
どこの方かな~とお伺いすると、

 

ふじみ野市の お蕎麦屋さん 『 旭庵 甚五郎』さんとの事。
(ちなみに、ご了解を頂き、お店の紹介を載せさせていただきました。(^.^))


さらに『こちらの鉄板はどこの学校の主催ですか?』
との質問に

埼玉県ふじみ野市 上野台小学校 おやじの会の主催で、

わが家が 引っ越さなければ、息子二人が卒業するはずの学校でした。

という事で、びっくりな出会いを感じたのです。

そして、会の皆さんは、
本当に快くこの鉄板を無料でお貸しくださりました。

『さて、このお化けのような巨大鉄板をどうやって運ぼうか・・・
なんとか子供達に見せてあげたいな~』

私の気持ちは、マグロさんにも届きました。


予算が無い中での、ボランティアのトラック探しと、
企画書提出期限締め切り期日までの、
ぎりぎりの賭けでもありました。


そして、トラックが見つからないまま、締め切り 翌日、

夜、メールがマグロさんから入りました。

4トントラックにクレーン車までも乗せて
運転付きでのボランティアをしてくださる協力者を、
マグロさんがどこからか探し出してくれたとの連絡でした。
(この連絡は、かなり強烈な感動でした(^.^))

でも、締め切りが・・・どうしたらいいのでしょうか・・・

そこでまた、マグロパワーが全開しました。

翌日、再びマグロさんからの連絡があり、
なんとか、割り込みセーフで企画は成立しました。(^.^)
企画受付・期日過ぎて了解してくれたKさん、ありがとう(T_T)/~~~

また、このトラックをお貸しくださった方も

自由の森の生徒を毎日送迎してくださってる 
飯能の東栄バス会社の社長さんで、学校の関係者であった事を後で伺い、


人というのは、
自分にとって必要な人は、必ず無意識で繋がっているものであり、
気がつかないだけで、すぐそばにいたりするものなのだ・・

と実感しました。


ふじみ野市のお蕎麦屋さん 旭庵 甚五郎 のSさんも  
東栄バスのМさんも、本当にお優しくて、

こんなに親切にしていただいて、
この場をお借りして、こころから感謝を申し上げます。
本当に・本当に ありがとうございました。



他にも、人脈が広くて、当日の調理人を集めてくれたYさんも、

仕事のシフトを入れ替えてまでも、
甚太郎さんとの連絡係になって頂き、
打ち合わせにしょっちゅう通ってくれた、桐パパさんも、
本当にありがとうございました。

そして、たまたま、
桐パパさん以外の 
このお三人の方は偶然にも同じクラスだったのです。

お互いがまったく知らない中で、
まったくの偶然の積み重ねの連続でした。



巨大鉄板は 
“自由の森学園 中学校・高等学校 25周年記念行事”  
の一環としての参加になります。


さて当日は、
一挙に100人以上の料理を作るぞ!!!
もちろんフライ返しだって、巨大なシャベル(^u^)
何を作るかは、お楽しみとして、

普段のストレス発散に、
威勢よくつくる気合いの料理です。


自由の森学園の方はもちろんですが、
外部のみなさんも参加しに、おいでになりませんか?

お子さんの状況で、
学校という場には、足が向かない方もきっといらっしゃる事でしょう。


今回の主催は 風のとおり道 ではなく、
あくまでも 巨大鉄板を愛する有志 ですが、

何もかも忘れて ぱぱさんやままさんが 
何かに夢中に楽しむ事も、お子さんへの癒しとなります。

まずは、楽しんでいるご自分を描いてみてください。
こころから楽しめなくても、大丈夫です。

ご自分が描いたように、未来は現実へと変えてくれるものなのです。

少しでも気持ちが向いてきたら、遊びにおいでくださいね。
シャベル構えて お待ちしています。



追記)当日の調理をしてみたい方も、まだまだ募集中です。

ご希望がありましたら、
ブログの中の “カテゴリ” の中に、
『風のとおり道へのメール』という欄がありますので、

そちらからご連絡いただけましたら、
折り返しご連絡をさせていただきます。

もちろん、自森の関係者以外の、

外部の方の参加もよろこんでお受けしています。

一緒に 燃えてみませんか? !(^^)!



★:自由の森学園 中学校・高等学校 ・ 25周年記念行事…巨大鉄板:★

☆ 開催日 10月11日(日曜日)   

☆ 時間  鉄板は10時ごろから始める予定です。  

☆ 場所  自由の森学園内の広い場所を陣取って、どこかにいます。
        探してくださいね。(^.^)  
[PR]
by futoukou | 2009-09-05 09:36 | お知らせ

ご連絡をいただきました (*^_^*)

Kさんから頂いたメールです。
Kさん、ゆっくり、癒されているようで、本当によかったですね。



今日はありがとうございます。

つい居心地よくてあれこれ発散しっぱなしで、ご挨拶もそこそこでお行儀悪かったな〜
ごめんなさいね。

私としては、共感いただけたことで、かなり軽くなれました。

娘のことは、怪しいところもまだまだあるけど、本人も一山超えた実感があるようだし、自分のことを思い出せば、私よりしっかり考えているように思えます。

また、しゃべりに参加させてくださいねm(_ _)m
[PR]
by futoukou | 2009-09-04 15:08 | うれしいニュース

気分転換

a0116409_14472584.jpg


これは五月に
北信越を旅行した時のものです。
まだ雪の残る山や雪解けの水が滝に変わるところを写真に収めてきました。
写真は飯縄高原の水芭蕉です。
[PR]
by futoukou | 2009-09-04 14:47 | スーさんの旅日記

ご連絡をいただきました (*^_^*)

以前、会にいらしていた方から、ご連絡をいただきました。001.gif
この連絡を頂いて、本当に私達もうれしくなりました。
ご本人に了解をいただき、一部を転記させていただきました。



元気でしょうか

息子Sですが、7月末に帰省しー高認の予備校に通いたいと言って、自分で柏の予備校を探し・8月から通っています!

主人も私もビックリで〜おまけに飯能をひきはらい柏に帰って来るというのです。

今日は飯能に行って引っ越しの準備

飯能での三年間、本当にいろいろありましたが・
Sにとっても私にとっても大事な時間だったと〜
自森に出会えたことに心から感謝しています。

近況をお知らせ迄
また連絡します
[PR]
by futoukou | 2009-09-04 13:27 | うれしいニュース

気が滅入ったら

みなさんは、
『聖☆おにいさん』というマンガをご存じですか?

作者は 中村 光 さん という方です。

風のとおり道 の主催者の中で、この春に流行って 
みんなで回し読みをしました。

宗教に詳しい人はかなりツボにはまって、笑えますよ〜(^.^)

仏教とキリスト教のどちらもかじってる方なら、細かいところまで笑えると思います。

同じ作者の
「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」もお薦めです。

漫画は気分転換にはもってこいですよ。
気分が落ち込んだ時とかには、ぜひお薦めです。

笑える本もいいけど
「陰陽師」とかも読み応えあって面白いし、

最近私は、惣領冬実の「チェーザレ」にはまってます。
くらもちふさこが大好きで「天然コケッコー」も全巻持ってますよ〜

日本の漫画は哲学的なテーマを掘り下げていて、奥が深いですね〜。

因みに、娘は「デス・ノート」を読んでオセロが強くなったと自慢してます。
???なんでって聞いたら先を読むようになってからだって…

漫画って本当に文化だと思います。

自分の持っている感性は、ほんの矮小な世界のものだったと思い知らされました。

本は気構えて読まなくちゃと思うけど、漫画は気楽に読めるし、しかも奥が深い。

気分が滅入ったら
ブック ☆フ に通って下さいな〜


・・・マグロ・・・
[PR]
by futoukou | 2009-09-01 18:13

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou