<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人の目…スーさんの囁き。


人の目。
私はあまり気にしないで育ったので
いろいろ誤解されたこともあったと思うけど
それはそれでよかったと思っています。
世間体とか人の目とか気にしだしたら、きりがないし、
あなたに迷惑かけているわけではないからいいでしょ。って居直ったら。
でもその人は迷惑かけられてると思ってるの?


日本にひきこもりが多いのは、
恥の文化というか世間の目を気にしすぎるからだ、というのを
何かで読んだことがあります。
もっと自由に考えていいと思うよ。
大事なのは自分の中に基準みたいなものを見いだすことのように思います。


たとえば、キヨシローが今みたいに騒がれるとだれが思いましたか?
(かくいう私もキヨシローのすごさを知ったのはさいきんです。)

彼の‘イケないルージュマジック’の中に
世間の目を気にせずやりたい事やろうみたいな一節がありますよ。



[PR]
by futoukou | 2010-05-28 09:16 | スーさんの旅日記

友情その2

どうやらマスケンは昨日が誕生日だったそうです。
これからカラオケに行くので、わざわざデキル君の家まで来るのだとか。

前日、仲間でマスケンにお誕生日のプレゼントを買ってあげたそうです。
k真と一番が交互にマスケンの喜びが溢れた顔の携帯の写メを、みせてくれました。

中はガンダムのプラモデルだそうで、
体くらいある大きい箱を両手一杯に抱えて、ニヤケ顔のマスケンが映っていました。

「どうして、みんなは趣味が違うのに、馬が合うの?」と素朴な疑問を投げかけてみました。


彼らの仲間は、
オタク・ヤンキー・チャラ男・バイク野郎・スポーツ青年ほんとに様々。

三人が感じている想いは同じで、
気が合うから楽しいし、お互いの趣味を認め合い、お互いにかじり合っているそうです。

そういえばデキル君もガンダムに詳しくなっているし、ギターを始めた。
服装はチャラ男になってきているし、口調はなんとなくヤンキーが入っている。

バイク好きの袴でさえもオタクの萌Tシャツ着ていた。


一番やk真の話では、
「他の学校の奴らは、確かに少しだけ数学とか出来る。
でも、内面は自森の奴らの方が深い。
中にいたらわからなかったし自森が嫌だったけど、
他校と比較したらやっぱり自森がいい。
できるならもう一年いたい。
これは自森を経験して、さらに外に出て始めて感じるから、
デキルも他に行ってみると分かるぞ。」


そんな話を教えてくれました。
みんな苦しい経験がある子が多いからこそ、
他人の趣味や性格や生き方をバカにする事なく
まるまる受け入れてあげられる子が沢山いるという事なのでしょね。

マスケンのプレゼントの包装紙は熊ちゃんの柄で、赤いリボンがしてありました。(^_^;)
[PR]
by futoukou | 2010-05-25 10:08 | 私のうちのお話 あれこれ

友情その1

k真と一番がお腹が空いてきたので、みんなで食事に行く事にしました。
一番は100キロはありそうな巨体です。
沢山食べそうな予感。
太っているというよりも、背丈があり、毛並みもすごい。(^_^;)
毛並みは関係ないね。ごめんね。でも、あったかそうな腕だったよ。006.gif

始めに行ったところがとても混んでいて、
少し離れたところに人気のラーメン屋さんがあるので、そこに行きました。

a0116409_8513629.jpg


店内プロレス一色。
メニューも、掟破りのサソリ固めとか、見ていてもわからないネーミングセンス。

で、適当に注文。

もちろんk真と一番は超特盛り3玉入り。

写真の玉子はうずらに見えますが、一般のゆで卵、鶏卵ですよ。
海苔はまるまる一枚。
レンゲは並みの大きさではありません。

a0116409_8513682.jpg


二人はしっかり食べきり、苦しくなったところで、
デキル君の携帯にマスケンから電話がかかってきました。
[PR]
by futoukou | 2010-05-25 09:43 | 私のうちのお話 あれこれ

算数

週末、デキル君の友人のk真と一番が、我が家に突然遊びにきました。
K真は私の顔を見るなり「ホント、マジ、ストレスなんですよ。」と、切り出してきました。
おそらく彼のストレスの原因は想像がつくので、「大変だね。お疲れさん。」と返事をしてあげました。

一番というのは、デキル君が高2くらいに友人が連れてきて知り合った元自森の子。
みんなはジョンソンと呼んでいるけれど、本当は日本人で名前も日本名。
私には、なかなか名前が覚えられなくて、出席番号が一番なので一番と勝手に呼んでいるわけです。

この日はギャグ男の宿題が沢山あって、
やる気のないギャク男にデキル君を含め18才3人が付きっきりで、算数を教え始めました。

大きい背中3体。
ちっこいの1体。

四人並んで、掛け算やら割り算やら。


一番は、「どうして掛け算を学ぶかわかる?」と、算数の必要性を語り出す。
この辺は自森らしい教え方だな~と、感じました。

横でk真がギャグ男に呟く。「俺も数学苦手なんだ。」
「これ算数だから。」デキル君と一番がk真に突っ込みを入れていく。


三人で爆笑。


そんなくだらない事がこの子達はうれしいそうです。
[PR]
by futoukou | 2010-05-25 08:51 | 私のうちのお話 あれこれ

まさかの再々会

熱心に自分から学ぶ経験は、デキル君にとって教習所が始めてかもしれません。
今日も朝から教習所に出かけ、教本を念入りに読んでいたそうです。

すると誰かが、自分の名前を大声で呼んだそうで。

デキル君の年齢の子で、デキル君の名前はかなり珍しく、
「これは自分しないないだろう。」と確信してから、デキル君は声の主の方に振り向いたそうです。

と、そこには、桐さんが!

桐さんとは、彼らがお腹の中にいた時からいつも近距離に存在し、
二人がお互いに引っ越しても、自森で9年ぶりに再会。
そして、卒業して同じ教習所での再々会。
そして二人とも、フリーターです。(^_^;)

桐さんのお父さんである桐ぱぱさんは、我が家の育児書の様な方で、
私たちがデキル君はこれでいいのだろうか…と少しでも迷いがあると、
こちらの気持ちを見透かされたような、しかし、自然に褒めてくれるので、
嫌な気持ちにならないで、反省出来る事が何度もありました。


例えば、巨大鉄板で一緒に焼きそばをつくりながら、
「そういえば、デキル君は卒業したら、どうするか決まった?」
「はっきりとはわからないけれど、大学に行きたいとは話していたけど。」
「へー。すごいね~。うちなんか何にも考えてないよ。多分旅にでも出るのかな。頑張ってるんだね。」


この会話で、私は自分が親の立ち位置を振り返る事ができました。

やはり、デキル君に期待してはいないだろうか。
もしも、合格できなかったら彼はどうするのだろうか。

そんな思いが湧くという事自体、
子どものつくり出す人生設計に介入してしまっている気がしました。


デキル君がまた桐さんに再々会したという事は、
私が改めて気を引き締め直すタイミングなのかもしれません。
[PR]
by futoukou | 2010-05-19 18:10 | 私のうちのお話 あれこれ

ゲーム依存なんていつか飽きるから。

デキル君の同級生達で元自森の大学進学チームの連中は、同じ苦労を抱えているそうです。

4名がそれぞれ他県で、都内に通う2人が同じ大学。でも、学部は違う。

要するに、みんなバラバラ。

だけど、どの子も口を揃えて言う事は、

「友達が出来ない。自森の時みたいに濃いのがいない。
自森の奴らみたいに突っ込んで来てくれないから、楽しくない。
どの人も真面目過ぎか、もしくは危ない奴らで、毛色が合わない。」らしい。

平日は6つの県に分かれた彼らがスカイプの前に集まり、
ワイワイと一斉におしゃべりを楽しんでいるのです。

なので休日は電波ではなく、あっちこっちの県から池袋に集まりストレスを発散して解散しているそうで、
話を聞いていても、大変そうだけど、笑える。
もっと驚いたのが、デキル君が小学校時代にチャットで知り合った先輩が今大学2年で新宿で下宿を始めて、自森の仲間と一緒になって遊んでいるそうなのです。

中には私宛てにスカイプのメールで、「大学頑張ります。」という痛々しいのまであって、
友達という存在がいかに人間を支えてくれる存在なのか、という事を痛感させられます。

アパートの契約が今月で切れるデキル君が、
金銭的な理由もあり教習所が終わるまで自宅にいるのですが、
私の知らないゲームのコントローラーで遊んでいました。


こんな奴です。
a0116409_14105168.jpg

自分で買うには、お金にうるさいデキル君では考えられないので、どうしたのかと聞くと、
昨年自森を退学してしまったSに借りてるそうなのだ。

Sは、自分で高卒認定を取得後、大学を受験したものの失敗してからしばらく苦しんだようだけれど、
バイトを始めているという話でした。
仲間達はそれぞれにメールを入れていたのに、まったく返信してくれなくて、
それくらい苦しんでいる事を察していたみたいです。

そして、Sより先に自森を退学した通称『袴』から最近メールに出た。という連絡が一同に伝わり、
みんながSに連絡を入れ始めているとの事。

過去、彼らはゲーマーで、ゲームのやりすぎで死んでしまうのかと思わせる程でした。
しかし、どの子も次第にゲームから遊戯王カードの時間が増え、そしてそれはマージャンへと変化し、
今はスカイプで会話を楽しんでいます。

友達がいると、ゲームはただの話題提供の為の存在へと端に寄せられ、
最後には友情が残るのだという事を私が理解できるまでには、8年かかりました。
[PR]
by futoukou | 2010-05-18 14:10 | 私のうちのお話 あれこれ

緊急のご案内

発達障がいに関する、緊急のご案内を

藤家さんの講演会に来られた方と、

必要と思われる方に、メールにて送信させて頂いています。

送信していない方で、情報が欲しい方は、

5月15日  

22時までに、

ブログのメールにてご連絡ください。

情報を送らせて頂きます。よろしくお願いします。
[PR]
by futoukou | 2010-05-14 23:46 | お知らせ

えーやんさん 倒れる

えーやんさんが入院したという連絡を貰いました。

大好きな宴会をキャンセルしてまで、病院に直行とは、ただ事では無い。

喘息の発作らしいけれど、大人の喘息は甘くない。
酷くなれば、死に至るほどの恐い持病なのです。


尚悲惨な事には、母の日と誕生日を病院のベットで迎えたそうで、痛々しい。067.gif

私の父は、母が病気で倒れてからやっと妻の存在の大きさに気がついた様だけれど、
母いわく、元気なうちに沢山やさしくして貰えなかったのだから、今更遅い…のだそうで。
執念深い母は、間違いなく死んでも父を恨む事だろうと思うのです。
『化けて出てやる。』が、口癖なので。


世のご主人達へ、
どうか元気なうちにやさしくしてあげてくださいね。
家庭を大切にしてきた主婦は、
自分を犠牲にして健康も、ピカピカの肌も、黒いつやつやの髪も手入れしないで、
気が付いたら、ボロボロになっていました。

でも、これからは違いますよ。
風のとおり道に来ている主婦は、
これからはピカピカに磨きを入れ、自分を大切にしていく練習をしているので、
後で後悔しませんように。


などと、思いながら、えーやんさんの喘息が落ち着く事をお祈りします。
[PR]
by futoukou | 2010-05-14 23:38 | のんびりで えーやん 

思考の変化

デキル君が教習所に通う為、しばらく自宅にいるらしい。
通いだして3日目、
早速、教習開始時間に起床してきて、私に文句が始まった。
起こしてほしいとは頼まれていないので、私には責任が無い。
という事で、放置。

すると彼は次の時間に合わせて自転車で出かけて行った。
まずまず。

そんなデキル君が、段々器が大きくなっている。

デキル君が第一講習で4人グループを組まされたメンバーが
デキル君以外3人ヤンキーらしい。
ヤンキー達はガムをクチャクチャ噛んでいたので、教官から注意されるも、
睨みを効かせ、反抗してきたそうだ。
『メンドクセー奴らだな。』と、デキル君は感じたそうだ。

仕方なく教官は黙認し、
次の指示を出す。
「では、ハンドルを持った時のイメージで、構えてみて。」

更に誰もやらないので空気が悪く、デキル君もやれなかったそうだ。

「では、ブレーキとアクセルがあるイメージで、足首で踏む真似をしてみて。」
しばらく4人とも、座ったまま。
そして最初にデキル君が、足をバタバタ踏む真似を始めると、
残りのヤンキー達が次々と、バタバタやり出したそうだ。

そのなんとも言えないヤンキー達の突然のデキル君の行動への同調に、
「ヤンキーってなんか、カワイイ。」と思ったというのだ。

固い思考のデキル君だったけれど、柔軟になって来た。

そうだった。私も役員のチームで、4人中、3人がヤンキーなんだ。
不思議だな。
[PR]
by futoukou | 2010-05-13 20:06 | 私のうちのお話 あれこれ

睡眠外来

ひと月前、デキル君が睡眠時間が長すぎて自分でも困っているので
病院に行きたいと言い出しました。

この近くに睡眠外来は無く、
小手指から西武遊園地方面になんとか見つけ
先日受診をしました。

デキル君は不登校になってから二日寝むり続け、二日間寝れないという
昔かまとおばあちゃんという方が有名になりましが、まさに同じサイクルで生活していました。
睡眠時間を確保したい事もあり、自森の近くに引っ越して一人暮らしをしたという事も、
病院で始めて聞きました。

今の状態はどうなのか聞いてみると、
とにかく12時間寝ないと自力で起きられない、長時間睡眠なのだとの事。
起きる予定の1時間前から、目覚ましを何回にもわけて鳴らし、
やっと起きられるのが、眠りに就いてから12時間経った時点。

病院ではカウンセリングのみで、どうも担当医と相性が悪い。
デキル君が、あの、おとなしかったデキル君が…
キレてる!!!!!

こ・これは・自己表現だ!!!!

自己表現だぁ!!!

ど・どうしよう。だって、病院の先生に、くってかかってるよ。この子。

失礼じゃないか。

でも、自己表現してるよ。!!!

長時間睡眠の話どころではなく、冷や冷やしている私でしたが、
運動不足で眠りが浅いのもあるんじゃいないか?と心の中で思いながら、
とにかくデキル君にはナットクラッカー症候群という持病と、
もしかしたらむずむず足症候群?という症状もあるので、検査だけしてくれたら納得するのに…と、
医者とデキル君の二人の意地の張り合いを傍観するのでした。

デキル君が…知らない人に言い返せて成長を感じ、
でも先生の顔を直視出来なくて、
横の時計を観て話しているので、まだ他人の目も気になるんだな。と感じ、

つかまり立ちから、よちよち歩きになったような感じかな(^o^)丿

今日、彼は生れてはじめて教習所に申し込みに出かけました。
なんとかなるゼヨ。エヘン。エヘン。
[PR]
by futoukou | 2010-05-08 16:43 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧