<   2010年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

7月のお知らせ

7月のしゃべり場のお知らせ



7月のしゃべり場は、場所を狭山に移して開催します。
(ブログのメールにてご予約ください)


しゃべり場終了後、食べり場でランチをしたいと思います。
ご都合のつく方はご参加くださいナ。(昼の予約は不要)


◆日時 7月14日(水) 10:00~12:00
◆場所:株式会社 日本標準地域教育センター      
    ※西武新宿線 狭山市駅東口徒歩3分
     (狭山市祇園3-20 ビラ祇園2F) 
◆参加費:大人500円、中高生100円、小学生以下無料




今月はいつもと違う場所で開催しますので、お間違えのないようにご注意ください。



いよいよ夏休みを控え、学校が休み中の家族の心構えや、
今後の事などをゆっくり考える良いチャンスです。


みなさんのお越しをお待ちしています。
[PR]
by futoukou | 2010-06-29 19:12 | しゃべり場予定

遠回り

人生はよく自動車に例えられますが、
本で読んで納得はしても、現実はそう単純に考えられないものです。

でも今日は、本当に納得しながら車を運転してきました。(^_^;)

というのも朝から用事があり、いつもの道を走っていました。
いつもの道ですから、無意識に曲がる道も体が動いてくれるわけです。

ただ、今日は違う事を考えながら走っていました。
それでも脳の指令がなくても無意識に行ける予定だったのに、
どこで間違えたのか、あらぬ方向へ出て来ました。


道が違うと気が付いた時には、すでに大分遠回りをしている様でした。
それでも私は動物的方向感覚と、空間認知力には自信があるので、
なんとかなる。とは感じました。

ただ、約束の時間に間に合うかが、私を焦らせました。


しかし遠回りの道で、沢山の新しい事を発見しました。
今度はここに遊びに来てみようなどと、
街道沿いにある建物を半ば見学がてら、走っていました。

とにかくジタバタ焦っても、時空を超えて元にもどるわけではないし。
遠回りも、楽しいもんだなぁ~と考えていました。
約束の時間に遅れそうになったらその時電話すればいいや。と、
気楽に考えられるようになっていました。


その時感じたのです。
問題を抱えている人って、
みんなこの車に乗っているようなものなんだろうなぁ。と。

つづきは こちらから。
[PR]
by futoukou | 2010-06-25 14:36 | 自己受容への歩み

躾か支配か。

ギャク男のクラスの子に不登校になった子がでました。
たまたまお母さんに用が出来て電話したら、
同居しているお爺さんがいきなりその事で話しを始めました。

突然の話だったので、驚きました。

その電話の最中に携帯にメールが入りました。
隣りのクラスの子が学校で自殺しようとしたという内容でした。

まあ、あの学校の今の先生達の指導の仕方では、
そうなるだろうとは思うところもありました。


親の中にもよく見かけますが、子どもを叱る際に
大声を張り上げて、子どもが泣叫んでも親自身の怒りが収まらず
更に叩いたり振り回したり、物を投げたりする人っていますよね。

じつは家の子の学校の教員は殆どが、
自分の怒りをぶつけているだけのような気がしています。
自分の思い通りにしたいだけなのです。
これではしつけとか教育ではなく、『支配』ですよね。

その支配に賛同している一部の父兄達。
お子様はお人形のようにおとなしく、聴き分けの良い子ばかりです。

支配をする為に厳しくし指導しても、子どもには理解できません。
自分で考えさせて納得出来なくては、
子どものみならず大人でも吸収できないものです。


何のために大人は勉強してきたのでしょう。
学問がなんの役にたっているのか。
子どもを傷つけてばかりの大人や教育者にも腹がたちます。


そんな自分も昔はそうだったはず。
人を傷つけないで気が付く事ができれば、本当に幸せですが、
弱い子どもを傷つけ、その代償に成長する大人。

自分が学校にいるうちに
もっと子どものこころの育てかたを必修で学べていたら…
子どもから成長させられる事は認めますが、
子どもをここまで追い込むことは、絶対にやり過ぎだと思うのです。


今の教育は、本当に必要な事が抜けている気がしています。
[PR]
by futoukou | 2010-06-24 19:32 | 私のうちのお話 あれこれ

なにげない一言で  №2

K真の自宅は、マンガの「花より団子」に出てくるF4メンバーのような豪華な財力があり、
一般庶民とは、違うようです。

しかし、彼はその事を鼻にかけるという事はありません。
ただ、人生の選択肢は間違いなく庶民よりは多いのかもしれない…?

現在通う大学に違和感を感じ、本当に好きな事を選ぼうとしてるデキル君に影響されてか、
大学から専門学校に変わりたいと言い出したのです。
お父さんは大学を4回変えて、それでも納得いく事が出来なくて、
ついには外国の大学に行かれたそうです。

だから、自分の選択にも文句は言えないだろうという言い分。




そこで突っ込んだ袴。

金の髪が逆立って見えた wwww(^_^;)

袴が小学校の時に、サッカーの遠征でブラジルに行っていた事があったそうです。
そして、帰国してからサッカーを辞める事を親に告げた際、
彼のこころを凍らせてしまう一言を、父親から言われたのだとか。

「せっかくブラジルまで行かせてやったのに、いくらお金がかかったと思っているんだ」と、
お金・お金・お金と言われ続けたそうなのです。


その影響が彼を苦しいくらい、
なんでも自分で稼いで生きてやる。というポリシーを持たせてしまう事になったようでした。

なので、高校も、自由の森をわざわざ退学し、
金額の安い通信制に学費の為に働きながら通っています。

そんな袴が、K真の話に、目を合わせることなくその話をしたのです。






袴は卒業後は予定通り、車の整備士になる為の専門学校へ進み、
将来は自分の店を持つ予定なのだそうです。


横で、デキル君はそんな重たい話しを聴きながら、
「どうでもいいけど、K真んちで将来雇ってくれ。」
なんとやる気の無い息子(^_^;)


袴は「店持ったら、K真んちで、外車3台買ってくれ。」


そんな事で話しはまとまって、夜中にクワガタ虫を捕りに三人で出かけて行き、
朝5時にもまた、クワガタ捕りに行き、

袴は朝早く、学校に出かけて行きました。
[PR]
by futoukou | 2010-06-22 09:50 | 私のうちのお話 あれこれ

なにげない一言で  №1

昨日昼、いきなり袴が訪ねてきました。

久しぶりに来た袴は、髪の毛が金になっていて、バイクは以前のとは違う250cc.
しばらくデキル君の部屋で話しをしていたと思ったら、四時にはK真が訪ねてきました。
K真は土曜日から毎日のように都内からわざわざやってきます。

デキル君もK真も袴も、小学校・中学校をそれぞれのマチで不登校をしていました。


三人が揃うと何故か定例のように、リビングに来てゴロゴロ好き勝手にして過ごします。

そこにギャグ男が半べそで帰宅。
書写の時間の単科の教員がトイレに行かせてくれないから、腹が立つと…。

しかし、バイクがある事がわかると、うれしそうにリビングに駆け込みニコニコと輪の中に混じって行きました。



夕食の時間、彼らは自分の立場と今後の方針を語り始めました。
 

№2につづく
[PR]
by futoukou | 2010-06-22 09:18 | 私のうちのお話 あれこれ

雑談

昨日、会が終了してから今後の開催日の打ち合わせを行いました。
とスムーズに行くわけは無く、何故か話題は老後のボケの話。

私ぺんぎんも、すーさんも、
ボケて老人ホームでお世話になるのは嫌だから
死ぬ時は、ぽっくり逝きたい。と感じていました。
ところが、マグロさんは本当に変。
「私はお婆捨て山に自分で行くわ。」と割り切っているご様子。


私のイメージでは、カラスに食べられてしまうという最後が、
なんとも残酷で恐ろしい場所です。
「カラスに食べられるなんて恐いから,それだけは嫌だなぁ~。」

するとまぐろさんがにっこり。
「私はそのカラスを捕まえて食べて、いつまでも生き延びているわ。ふっふっふっ(^^)」

「まぐろさんなら野草とかも、むしって食べながら健康維持してる気がする…。」と返事しながら
私は妙に納得。


老後のマイナスイメージがハッスルばあさんの如く、プラスに変わった瞬間でした。






という事で時間が過ぎてしまい、
残念ながら今後の活動予定はまだ決まっていません。



ただし、自由の森での活動日以外でも
狭山の事務所にてしゃべり場を設ける事が可能となりました。

ご相談されたい方や、苦しくて開催日まで待つのがつらい方、
なんとなく話し相手が欲しいという方、
開催日までお待たせしなくても大丈夫になりました。

ブログのメールでご連絡ください。
このブログのメールは携帯電話に繋がっていますので、
可能な限り早くご連絡をさしあげます。
メールには必ず、お名前・連絡先の電話番号をご記入くだい。 
詳しい場所はその際お伝えさせて頂きます。
日にちに関しては、ご相談させて頂きます。



我慢は毒になります。毒を貯め無い努力はおしみなく (*^_^*)  
[PR]
by futoukou | 2010-06-20 00:50 | お知らせ

始まりの不安

昨日の朝8時、緊急のメールが入ってきました。
気が付いたのがずいぶん遅くなり、慌てて返信。

とにかく早く会って話がしたい。との内容に、大分弱っているのだろうと感じて、
可能な限り、早急に会う事にしました。

中学生になってから5日休んでいるらしく、
今日もやはり休んだので、これで6日目になるのかな。
他はなんとか無理やり行かせているそうで、
お母さんも困っているようでした。

でも、まだお母さんに余裕があるので、
困っている子どもをなんとか動かそうと、あれこれ尋ねてきました。

「常識的な範囲できちんと出来ないと、自分が困る。」という理由で
「どうしたものか?」と。

話しを聴くと、ずいぶん昔から登校渋りがあったとの事。

たまたま今、行きたくないきっかけが出来て、
やっと爆発出来た様子だったので、
子どもの側に立てば、今こそ溜まった鬱憤を吐き出すチャンスなんだけど…。

この家庭は4人共、とてもいろいろな困難を切り抜けてきているせいか、
この子はあまりにも大人しくて
言葉の表現として自分をさらけ出すのは、まだ無理かなって感じました。


実は先週、小学生の女の子も行けなくなって10日目に突入して、
なんとかきっかけを作り行く事が出来た子がいました。
その子も入学時からの行き渋りがある子でした。
この子はクラスでも影の薄い子で、
いつも一人の子です。
行かない事で周りが騒いでくれる為、
自分の存在をアピールしていたような感じでした。


中学生の方は、このまま何もしなければ多分不登校まっしぐらで、
やがて昼夜逆転で、エネルギーの持って行き場も無く、
暴れ出す可能性もあるので、
登校刺激もしくは、外とのつながりは必要だろうと感じました。


ただ、先の小学生の様に簡単に納得する子もいれば、
意固地になって余計に動けなくなる子もいます。

キャリアのある不登校の子どもへの対応よりも
これからどうかるか微妙な状態の子の支援というのは、
実は私が一番神経を使うところです。




担任の家庭訪問。友人からのお手紙配達。
これをありがたいと感じるのは、親だけなんだけどね。

親は子どもの本心を見間違えては深みにはまります。
[PR]
by futoukou | 2010-06-17 23:40

今後の活動予定

今後の活動予定
6月の予定をお知らせします。


梅雨のうっとおしい空気もここなら爽やかに吹きぬけてくれます。

一人で悶々と悩まれている事も、言葉に出すだけでも軽くなったりするものです。



ここでは、子育ての悩みを共感をもって語り合える場を創っていきたいと思います。

参加は自由です。お気軽におでかけください。

お問合せは『自由の森学園』まで

メールまたはお電話・FAXにてご連絡ください。


4月24日(土曜)終了しました。

5月22日(土曜)終了しました。
   しゃべり場と、コラージュを行います。
   お申し込みの必要はありません。
   お気軽にお越しください。


6月19日(土曜)終了しました。
  しゃべり場を開催します

◆時間: 1:30~4:00
◆場所:自由の森学園美術棟 2階 絵画室
◆参加費:大人500円、中高生100円、小学生以下無料




各月の詳細については、開催日に近くなりましたら、
ブログ・メールマガジン・自由の森学園から送付されるプリントにてご連絡をさしあげます。
メールマガジンをご希望の方はブログまでメールにて、ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。063.gif

緊急のご相談はお名前、ご連絡先を記載していただき
この記事の右下にあるcomments欄よりご連絡を頂けましたら、折り返しご連絡を差し上げます。
よろしくお願いいたします。




                                                          ご連絡はこちらから ↓
[PR]
by futoukou | 2010-06-16 10:27 | しゃべり場予定

多面的にモノの見方を駆使したら見えてくる、大事な事。

先月、ギャク男がサッカークラブに入会しました。
ギャク男は2歳からサッカークラブに入り、6歳まで続けていました。

しばらくスイミングに変更して、
やはりサッカーに戻って行きました。
スイミングを辞めたくなった理由は、「コーチの注意の仕方が感情的だから恐い。」との事。

体育会系の母としては、「なんたる軟弱者めが。」  (;一_一)/~~~ バシ!バシ!  と、
竹刀でも振りおろして一喝したくなる気持ちもありますが、
“駄目よ!落ち着くのよ。余計メンドクサクナル”と、天使のわたしが囁くわけで…

それでも唸る邪悪なわたしは思い通りにならない息子に対し、
なんとか自分のモノの見方の角度を合わせなくてはと、
“自分とは違う。自分とは違う”と、
こころと目玉を入れ替えて、
冷静な状態を維持し、客観的に物事を見つめる努力をするわけです。


ギャク男は、こよなく平和を愛する(?)軟弱者。
人はみんな好みが違います。






はて、なのにサッカー?
と、不思議に思う方の方が多いでしょう。



実はギャク男が入会しているサッカークラブは、
こよなく平和を愛する(?)ユルーイ・ユルーイクラブなので、
サッカーを通して他人への思いやりとか、礼儀とか、自分に自信を持てる様に、
しつこいくらい褒めちぎってくれる、サッカークラブなのです。


ここのクラブは沢山のチームが日本中にあるらしく、
どうやら不登校のお子さんなんかも来ていたりしているみたいです。
確かに、ここなら自信と勇気が湧いてくるかも。


ギャク男は小さい時から、戦い系が苦手で、
どなり声が特に嫌いな子です。

だから、このユルーイクラブで、恐い思いをしないで、
自分らしくサッカーを楽しんでいるようです。
[PR]
by futoukou | 2010-06-15 23:11 | 私のうちのお話 あれこれ

好きな事が一番身に着くもんだよね。

昨日デキル君が開花した。ような気になった。
ある学校の学園際に行ってとても気に入ったようで、満足のご様子。

それは、今まで拘っていた自分を知りたいから心理学科では無く、
本来、なによりも大好きな動物・海洋・自然関係の学校。

デキル君が自森に入学したのは実は自由とかを求めていたわけでは無い。

ヘビやトカゲや熊にタヌキ、他にも動植物が豊であったからで、
中一の時には、デキル君がいないと思うと、
いつもトカゲやヘビを追いかけていたと
担任の大○ちゃんが話してくれたものだ。

デキル君は生物に関しては分からない事は無いくらい、
密かにものすごい知識を持っている。

小学生の頃には、生物学者にでもなれるかも。なんて親の期待は膨らんだものだった。
それでも、絶対にそうなれとは言わないで来たつもり。
今思うと、期待がまずかったかな?

ココに来て、やっぱり好きな事を選びだしたので
親の方がサヤに収まったような気持ちになった。

合格するかしないかは、どうでもいい。

好きな事して、きらきらした顔をみせてもらっているだけで、
うれしい。

現在我が家で飼育している生物は、

ヒョウモントカゲモドキ1匹、
ハイナントカゲモドキ3匹
ホルスフィールドリクガメ1匹
ポリプテルス・セネガルス1匹
ポリプテルス・デルヘッジ2匹
ポリプテルス・パルマス ビュティコファリー2匹
スポッテッドガー1匹
鼈1匹
ザリガニ

メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)
他ミナミヌマエビ、石巻貝など。


a0116409_1792041.jpg

a0116409_1792031.jpg




過去には

フェレット

ジャンガリアンハムスター4匹
ゴールデンハムスター1匹
ロブロスキー1匹
シマリス
つばめ
こうもり
紅雀
やもり
いもり
とかげ
水かまきり
かまきり
クワガタ
兜虫
こがね虫
豊年えび
やどかり
くらげ
インコ
めだか
沢ガニ
ドジョウ
熱帯魚などテンコ盛り。


こんなのが19年続きまして、子どもが生まれてから
私がフン掃除をしなかった日は一日もありません。

最近のデキル君は犬のフンの面倒以外はセッセと自分からやっているので、
感心。
私が爬虫類とか魚類が苦手だからか。(;一_一)


そーかぁ。わかった。
手を貸して貰えないとわかれば、なんでも自分でやるんだね。
よーくわかりました。幼児の甘えと変わらないんだ。ここんとこ。

私は人が良すぎたな。

「不登校の親は大方優しいのにどうして子どもに苦労するんだろう。」と、
フリースクールで一緒だったママさんが話していた事、
こういうのが、原因なんだよね。
きっと。
[PR]
by futoukou | 2010-06-13 04:38 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou