<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自治会

みなさんの町には自治会はありますか?
私の住む町には、まだ存在しています。
この時期、昔懐かし拍子木で、
「火のよ~~~じん カン・カン」って、廻ってくるんですよ。
引っ越ししてきた当時はびっくりしました。


ただ、以前は住居内の同じ会で、20人くらいで8個の部会を分担していたそうですが、
今年の役員は9人。
うち一人は参加する気がない、名前だけの方でした。

という事で必然的に全員がなにかしらの部長になり、
一人で役をすべてこなす事になりました。
私は友人から誘われた、実に一番出番が多い、児童部です。
この会と、他の4つの会から同じ部になった仲間で集まって、
ひとつの部が構成されます。
ややこしや~~~~。


その他、会の中でさらに3人ごとの班に分かれ班長になると
町会費などの集金29件の分担をまかされるそうです。

私の班では、年配の奥さんと、
近所でデキル君の同級生のわけあり父の3人で構成されました。

班長をどうするか、みんな事情があり時間的な融通が難しい。
なので登録だけの名前だけの班長にして、
集金は分担しました。


そんな中年配の奥さんは、どうも融通が利きません。
これは出来ない。これはイケナイ。これは前例がない。などなど。


わけあり父はさすが、色々と過去の若気の至りで経験豊富。
「結果良ければいいわけよ。」と、結構私と意見が一致。

夏休みは、6時半のラジオ体操は児童部がしきりますが、
我が家の旦那の帰宅が夜の12時前後なのを知っているわけあり父。

「起きれないでしょ?俺、毎日4時半に起きるから、毎朝おこしてやろうか?」
「よろしく~(T_T) インターホンのボリューム、最高にしとくから。」
どうも色々ご面倒かけそうです。


なんだか来年度が心配な私です…(T_T)








[PR]
by futoukou | 2011-01-31 19:54 | 私のうちのお話 あれこれ

古風な風に癒しの香りを感じて

日曜日、川越に行ってきました。
下の写真は有名?な「時の鐘」です。

駅前や病院などには年中行っているわけですが、
ギャグ男が行きたがった場所は菓子屋横町。

a0116409_18444287.jpg


僕は川越の菓子屋横町に行ったこと無い!と言いだしたので、
仲良しの友達を連れてちょこっと見せに行ったのでした。
a0116409_18444270.jpg



私にとって9年振りになる菓子屋横町。

最近町おこしの為に置かれた、発泡スチロール製の人形があちこちで見られました。
a0116409_18444224.jpg


建物は一部は古くて味があるのですが、
昔に比べたら随分西洋風な一戸建てが増えてましたね〜。
子ども達は駄菓子屋に盛り上がりますが、
わたしはやはり建物の構造や、売られている和柄の傘や、
着物やかんざしに目が行きます。

a0116409_18444388.jpg



いつも現代的な風景の中にいると、
古き時代の建物に暖かみを感じました。
a0116409_18444374.jpg


最近友人と笑っちゃった話ですが、
どーもNHKのニュースが落ち着くんよね(・・;)
昔はめっちゃ嫌いだったのに…。

まったく もぉ~ やーよねぇ(*^_^*)
[PR]
by futoukou | 2011-01-31 18:44 | 私のうちのお話 あれこれ

デキル君、できるの?

さて、デキル君。
先週、最後の晩餐…と、つぶやきながら、サバのみそ煮を食べ終わると、
教習所へ行き、高速道路の教習を受けて来たらしい。

彼の話では、自分の運転は不安がないけど、
他人の運転で高速に乗せられるのが、死ぬほど怖いのだと。


そしてなんなくクリアして生きて帰宅して来れた。


んが…。。。。。


その後1週間もまたまた教習所に行かなくなった。


あと、卒業学科検定が受かれば終わるのに、
どうやら模試で不合格が出て、自信が無いように感じる。


彼が教習所で認められた任期の期限は2月4日まで。

相変わらず、どこでもいつでも、ぎりぎりコース。
もし、不合格で、4日を過ぎると、すべてが無駄になるのだ。


どうなる?
どうする?

超マイペース。
[PR]
by futoukou | 2011-01-26 22:44 | 私のうちのお話 あれこれ

色々と

今月は色々あったなぁ~。
投稿していなかったのに、
毎日何人も来てくださっていたのですね。(*^_^*)
うれしいです。頑張れます。



今月は特に小学校での役員の広報の仕上げ段階の集まりがあり、
更に空き缶回収で朝7時50分からは寒かった。

その役員ももうすぐ終了(*^。^*)と喜んでいたら、
次年度の自治会の役員が廻ってきてしまい、
またまたお呼びがかかった。

母の件では、一時期母の通院を父に頼んでいたせいか、
ストレス??が溜まったのかな。
父の視力が出なくなり、
車の運転さえ出来なくて原因もわからない状態。
それで私の再びハードな通院の日々が再開。

また、自宅看護にきてくださっている方が退職され、
実家の近くの方が来ることになったのに、
なぜか父が猛反対。

どうやら父とその方は飲み友達らしく、
「俺が、こられたらまずいんだよ!。」
と、家族をまたまた引っ掻きまわしてきた。

そして、看護センターの方と、余計な打ち合わせでばたばたしてしまう。

まったく、いつでもあの父は、こうなのだ。


今更そんな事で悲しむ事も怒る気にもならず、
『幸せには死ねないタイプだね。』
と、こころの中でつぶやくのだ。

自分がすさんで汚く感じるけど、
強くならなくては、この父の娘をやっていけないのだ。


[PR]
by futoukou | 2011-01-26 22:32 | 私のうちのお話 あれこれ

食い意地が勝る

銀行で口座解約してきたよ〜。
口座が行方不明で、
探すのに一時間半もかかったから 。a0116409_23151693.gif


なんとか記憶通り、
五反田支店に私の昔の口座を発見して貰えた。


帰りに丸井に寄って
のんびりインテリアショップを覗いてきました(*^_^*)

そうだ。トップスのチョコケーキ買って帰ろー!

『トップスは今は丸井に入ってません』
a0116409_23151637.gif





帰路に向かうエレベーターの中で、
ギャグ男を可愛がってくれていた幼稚園時代のまま友とばったり
去るものあらば来るものありってかぁ〜

さらばトップスa0116409_23151623.gif


今度は、一番近場ってどこなんだろ。
無いとなれば意地でも食べたい

おかげで、
旧姓のカードを失った寂しさが
ぶっ飛びました。

おそるべし、食い意地の力
a0116409_23151611.gif

[PR]
by futoukou | 2011-01-19 23:15 | 私のうちのお話 あれこれ

1月の予定

1月のしゃべり場の予定ですが、
大変申し訳ありませんが、
今月のしゃべり場はお休みさせて頂きます。040.gif

2月の予定はまだ未定ですので、
はっきりしましたらこちらのブログとメルマガにてご連絡させて頂きます。

また、個別にご連絡させて頂いている方へは、
随時ご相談の対応をさせて頂きますので、
ご安心くださいね。



では、ますます乾燥もひどくなってきました。
あまり外出しないお子さんにとっても、
毎日息苦しい現実の中で生活する親にとっても
体力低下から、病気になりやすい時期です。

加湿器を上手に利用して、
元気に乗り切りましょうね。






[PR]
by futoukou | 2011-01-19 19:50 | しゃべり場予定

旧姓の自分

旧姓の私がまだ存在してた。
キャッシュカードとして息づいていました。

ながーいながーい期間ホッタラカシにしてあった銀行口座。

昔のわたし、ホッタラカしててすまなかったね。
忘れちゃなかったが、面倒だったんだわ。

しかしすでに印鑑も通帳も無い。
三菱銀行すら合併していて違う名になっている。

ただ残金が残っているカードの存在があるだけ。

結婚して名前の変更が面倒で
旧姓のままにしてあった。


カードと一緒に当時のわたしの免許が!(*^_^*)
ちらっとお見せしましょう(^_^;)


a0116409_0525141.jpg


シワ無いなぁ〜。



さて、元気なうちに整理しなきゃと重い腰を上げて。

これを引き出す為に戸籍妙本を取りにいくも、もらえず。

私の本籍地に身分証を添付して、
依頼書類と切手を貼った返信用封筒送付が必要との事。
もしくは直接行ってくださいだって。
行くにはちょっと面倒なので、
本籍のある役所まで書類を送付した。



本籍地は旦那の父親の実家の住所かぁ?(それすら知らない)
私にはあまり馴染みがない。

本籍なんて居住地区にしておくのが便利で
無駄なお金も手間もかからないのに、
旦那がこだわる。

なんの為の本籍なのか。

a0116409_0525173.jpg







わたしの籍なんだから自由にしたいのに、
家制度に縛られるのはうんざり。





さて、銀行は3つ先の駅にしかない。
またバイクでいく〜?
迷うなぁ〜(^_^;)



口座は明日解約だぁ〜。
でも、なんかじぶんが無くなっちゃう様な、
そんな寂しさがある。

生まれた時の姓名って
居心地がいいもんだよ。


私自身を理解出来る私が、いる。

懐かしいなぁ(=゜ω゜)ノ

この感覚って、
昔のわたしに自分の居場所みたいなモノを感じているのだろうか。
ある意味引きこもりたいみたいな?


過去を引きずるって事?

あれあれ?気になる!
わからなくなったよ。
[PR]
by futoukou | 2011-01-19 00:52 | 私のうちのお話 あれこれ

イメージ

昨年夏まで
ギャグ男と一緒に寝ていた。

しかしとうとうギャグ男から
お別れを告げられた。(´・ω・`)

ただ、寝入るまでは怖いからと、
添い寝の許可を頂いた(≧∀≦)
010.gifのチャンス

まだまだ寝顔は天使ちゃん。032.gif
ぷにゅぷにゅのほっぺが超かわいい。


末っ子に対しては、なかなか子離れするのって難しい。
どうしても、
いつまでも小さいという『イメージ』で見てしまうのだ。
イケナイ イケナイ 025.gif




ギャク男が寝付いてからは、
私は寝慣れない部屋で、
一人寂しく寝る。


しかも畳が苦手だし、(ダニの『イメージ』が強くて(>_<))
床に寝るなんて嫌だ。
木造の和室って、
すきま風が入り寒いのだ。(駄々っ子のように文句ばかりだなぁ)

034.gif今気がついたけど、
どうも私の中にはイメージで支配される癖があるんだね008.gif





先日はバイクで出かけ、芯から冷え切ったものの、
検査の後だったから入浴が出来ず
シャワーだけだった。

そんな私を
暖める為の名案を思いついた。

ホットカーペットの上に
布団を敷くのだ。

寝る前30分くらいに
スイッチオン!

お布団は
冷え切った身体で独り寝する私を包んでくれる天国(^-^)

ちょこっと暖めるくらいなら、
布団乾燥機を使うより準備もいらないし、
ホントに簡単。

これは
床だから出来る事。

苦手の中にもいい事を思いつけば、
ストレスが減るもんだね〜。

もちろん温度設定は、
「ダニ退治」に設定よ(*^_^*)
イメージを払拭するのには、
時間をかけなきゃね。
[PR]
by futoukou | 2011-01-16 22:52 | 私のうちのお話 あれこれ

寒いです。

以前もブログに書いた事がある?かもしれないけど、
私には沢山の持病が…(汗)あり、
先月まで、
東京国際大学 三田病院という所まで通院していた。


お恥ずかしながら挙げてみると、

子宮内膜症
子宮筋腫
子宮頚がんの前癌状態の異形成
黄体ホルモン機能低下症
胃潰瘍
偏頭痛
強度のドライアイ

などなど。

デキル君のせいというわけではなく、
もともと私はあまり身体が丈夫では無く、
この病気以外にも、19歳から抱えている持病があり、
なんとか、だましだまし生きてきた。
要するに、タイミングもあると思う。

三田の病院では、悲しい事に
女性腫瘍科という恐ろしいネーミングの科にかかっていた。

子宮系の病気を治療する為
低容量ホルモンピルを数年前から飲み始め、
身体もむくみ、
電車で通う事が辛くなってきた。



そこで、転院を希望。
どこがいいか、あれこれ考えた。

スーさんに気が効く婦人科を紹介してもらうも、
少し遠くて、

一番手頃な防衛医大を選択した。

転院初日、8時半までの受け付けに間に合わせていったのに、
駐車場に入るのに40分もかかった。
もうだめか、と諦めた時、ドバドバと出口から車が出てきて
25分に受け付けが出来た。


やっと中に入ると、自宅の隣に住むご近所さんがいた。
先日5人目を産んだのだ。

彼女に駐車場の話をすると、
「いつも混んでいるから、早めに出ないと間に合わないよ。」と聞いた。


その事があり、
今日は旦那の
「それは寒いよーーー!。」の言葉を振り切り、
なんとバイクで出かけてしまった。
バイクならさっさと受け付けできるしね。

バイクは寒いと思い、沢山着こんだものの
昔使っていたフルのメットを捨ててしまったので
ハーフタイプしかない。
耳まですっぽり覆うタイプではないハーフでは、
簡単な耳あてくらいはあるのだが、
さすがに到着した時点で
シャーベットになったのではないか???と感じるくらい痛かった。


帰りは、さすがにホッカイロをメットの耳あてにくっつけて。
これなら暖かいはずだ!!

動き出して5分。
ただのゴミを挟んでいる気分になった。


[PR]
by futoukou | 2011-01-14 23:36 | 私のうちのお話 あれこれ

触角さん

先日の役員の仕事の時間は深かった。

仕事としては、広報という学校新聞の原稿をつくる内容なので、
たいして楽しいわけでは無い。

ただ、集まりの日程で
私がどうしても合わないことが多く、
いつもみんなが私に合わせてくれていた。

さすがに理由を伝えたところ、
一番最初に、一番コワモテの触角の様な眉毛の
金髪のヤンキーが反応した。


『私も6年前、父親が病死したんだ。
腎臓が悪くて何年も透析した挙句のお別れだったんだ。
すごい凹むんだ。
棺桶にしがみついて、自分も燃やしてって一番泣いていた。
今だに、その話すると泣けちゃうんだ。
生きている時には、毎日喧嘩していたのに。
だから残された母親の死を想像するだけで辛いよね。

できるなら誰よりも先に私が死んじゃいたい。
悲しい事経験するのは、もう嫌だよ。
でも、向こう逝けば会えるから。』

そう話してくれた。

なんか、ずっとココロに引っ掛かっていた事を聞いてみた。
『向こうに行ったら、仲直りできる?』
『無理。たぶんまた喧嘩するよね。』

私のココロの中と、同じだった。
『その時がきたら、胸をお借りするわ。まったく同じ気持ちだもん。』

私が母の病気で必要以上に辛い気持ちになるのは、
和解出来ない意地と、
子どもとして甘えたかった部分が処理出来ないでいる事。


触角さんはとても素敵な人だった。

[PR]
by futoukou | 2011-01-14 22:54 | 私のうちのお話 あれこれ

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧