<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

被災者を傷つけないために


被災者を傷つけないために避けたい態度、言葉


被災者への言葉かけのサイトを見つけました。
「被災者への」というよりどんな場合でもココロがつらくなっている人に対しては、共通である事に気が付きました。
また、被災者・障害者・不登校生・引きこもり と安易に使ってしまう事を考え直すいいサイトです。


被災者への言葉かけはもちろんの事、ぜひ不登校や引きこもりのお子さんがいるご家族の方にも読んで頂き、この、相手に寄り添った思いやりのある言葉かけを覚えていただければいいなぁと思います。
[PR]
by futoukou | 2011-04-28 19:34

フクシマとなにりし 春の滝桜

a0116409_13114914.jpg


大震災を越えて今年も美しい花を咲かせました。

ここ三春は福島原発から約50キロ。

富岡町の被災者がひなんしている町です。

梅桜桃の三つの花が同時にさくのでついたという町の名にふさわしく

今まさに春爛漫です。





福島は道路が壊れたり、

瓦が崩れブルーシートが屋根に乗っている家があちこち目に付きました。

がんばろう東北という幟旗があちこち立てられていました。




春は震災の被災地にもめぐってきました。

今年の桜はことのほか目に染みます。
[PR]
by futoukou | 2011-04-28 13:11 | スーさんの旅日記

if




今年自治会の役員で部長になって、いろいろと面倒な事が起こります。
そんな時の、自分の迷いを断ち切る為の応援歌です。
[PR]
by futoukou | 2011-04-25 12:54 | 私のうちのお話 あれこれ

しゃべり場のお知らせ

a0116409_1523917.gif
しゃべり場のお知らせです。

四月もそろそろ終盤を迎えますが、お子さんの状態はいかがでしょうか。

震災の影響などもあり、しばらくしゃべり場を中止していましたが、次回のご連絡をさせて頂きます。

次回は6月4日(土曜日)を予定しています。


まだ時間・場所の詳細は未定ですが、自由の森で開きたいと考えていますので、
決定しましたらメルマガ等でご連絡をさしあげますのでよろしくお願いいたします。


とりあえず日にちのみのご連絡ですが、ご承知置きください。

震災の不安などや、誰かに話しにくい事、なんでも話して一緒にすっきりしてみませんか?
お越しをお待ちしています。(*^_^*)

[PR]
by futoukou | 2011-04-25 12:37 | お知らせ

兄弟を育てるのは楽しいです。

日曜日、夜、11時になって私の携帯が鳴った。
「今自宅駅に着いたので来てほしい。」という連絡だ。

東京サンマリンでのイベントが終わってから、
更に片づけが夜9時にやっと終わったのだそうだ。



駅まで迎えに行ってみると、重そうな巨大な袋3つを抱えていた。
お手伝いのお礼をタンマリと頂いたらしい。


それを車に乗せるとデキル君は「自分は自転車で帰る。」と言って、
ハヤテノの様に走って行ってしまった。

中味は水槽や、アマゾンにいそうな不気味な魚。
めずらしい種類のメダカ。
エアーポンプや、犬のトリミングセット。
弟にと、鳥型の置物。など
もろもろ。



ほほう。楽しそうだ。(^^♪



んでもって、とうとう翌日、お疲れ休み~(;一_一)
朝は一応6時半に起きて朝食を食べた。
そんでもって、そのまま座って、寝むり込んだ。

お坊さんの様だ…(-_-)
見えない所で、弟のギャク男が足で兄を蹴飛ばしている。


『身体が起きない。行こうとは思ってたのに、疲れて動けない。』


相変わらず極端な生活だ。(*^_^*)


その日は、自分の部屋に戻ってから
本当に翌日まで永遠と起きなかった。


翌日はなんとか6時半前に起きて学校に行き、夜9時半に帰宅してすぐに課題をこなし、
今朝は「のどが痛いから薬をおくれ~。」といいながら、さっさと出掛けて行った。


専門学校は大学と違い、毎日夜6時半まで授業がある。
昼休みはたったの30分。
課題も毎日レポート2枚分。

入学したばかりなのに5月には就職説明会があるので、
スーツを着て行く日もある。
この1週間で、気持ちは社会人となる為のスキルを身につける方向で、
学校側がチェンジさせて来たようだ。
特にこの学校は、就職率100%を誇る。

今更ながら、「いい学校を選んだかも。」と、感心する。

以前は数学も、化学記号もいい加減だったのに、
今では必要に迫らせて、学習している。
出来なくては、大好きな生物を守れない事がわかったのだそうだ。
だから、自主的に勉強している。

この変化。大したものだ。(^^♪


思えば、私もいちいち小言を言わなくなった。
もう義務教育でもないし、自分で考え動けばいいのだ。
学校への欠席の連絡も、私からはしない。
先生から、無断欠席で文句言われる経験も学生のうちにしておけば、社会で役に立つだろう。


横目で私とデキル君二人をじっと観察するギャク男は、反面教師からなのか、
皆勤4年をまっとうした。
学校の先生に質問がある時は、自分で学校に電話で確認している。
「登校日は手提げかばんでいいですか?ランドセルでなくてはいけませんか?」と…。

その反面、
「宿題?写せばいいんじゃね?」
「教科書?学校に置いておけば、楽じゃね?」
といった具合だ。
とにかくギャク男は給食命。
筆箱忘れても、お箸セットは忘れない。




ただひとつ、ギャク男が兄を尊敬している事がある。



先日「無事に4年間過ごせたお祝いに、1つだけ好きな物を買ってあげよう。」と言ったら、


「自分専用のマージャンセット~。」
もちろん買ってあげる事はしませんでしたが…。


デキル君が、私の知らないところでギャク男を仕込んでいる事が、
よーくワカリマシタ。
[PR]
by futoukou | 2011-04-20 13:46 | 私のうちのお話 あれこれ

東京サンマリン

今日はデキル君が学生生活の、お初となる?自主的学習行動に出たのだ!

ペット業界で行われる被災ペットの為のチャリティーイベントのお手伝いを、デキル君の学校で募集したらしく、
デキル君はたった一人手を(TT)あげた。   


(^^)/ はーい。やりまーす。



1年からは、隣りの組みから女子が4人くらいと、男子は彼だけだそうだ。

それでも、

(^^)/ はーい。やりまーす。053.gif

イベントで彼はドジョウすくいと金魚すくいを担当。

「今の子どもはドジョウも金魚も怖がって触れない奴ばかりで、暇だった。
有名企業の社長が来て、一緒にドジョウすくいして長い間遊んでた。

そうそう、双子の俳優の斎藤祥太が来て、一緒にドジョウすくいして遊んだ。」…らしい。

☆ ちなみに斎藤祥太さんは義援金のチャリティーイベントで、握手会などをされたらしいですよ。(^^♪ ☆


その東京サンマリンでのイベントは明日もあるので、時間がある方は、
ヒマこきまくってるデキル君をすくいに、遊びに行ってあげておくれでないかい???



以下、東京サンマリンさんからのイベント内容を一部複写させていただきました。m(__)m

<開催日時>
 4月16日(土)12:00~18:00(予定)
 4月17日(日)11:00~18:00(予定)
<メイン会場>
 東京サンマリン駐車場・仮設テント
<サブ会場>
 アクア館東京サンマリン(東京都江戸川区篠崎町3-2-6 サンマリンビル)
 ペット館プラスワン(東京都江戸川区篠崎町5-14-14 プラスワンビル)

■イベント内容(予定)
①俳優・斉藤祥太氏による復興チャリティー募金・握手会及びサイン会(17日のみ)
②俳優・斉藤祥太氏と一緒にゲーム大会・ビンゴ大会やガラポンなど(17日のみ)
③釣堀、金魚すくい、熱帯魚すくい、レイアウト講座など(アクア館東京サンマリン店内にて)
④チャリティーペット用品募集(ペット館プラスワン店内にて)
⑤屋台
⑥用品販売
⑦特売品各種販売
など
東京サンマリン
http://www.sunmarine.co.jp/
[PR]
by futoukou | 2011-04-16 21:27 | 私のうちのお話 あれこれ

新学期 

デキル君の入学初日は、大震災の話題で、まるで葬式のように暗かったそうだ。
始めに黙とうから始まり、始終震災の話題で終わったと…。

翌日の水質の授業では、
学校の関係者でもある原発関係者が来校され、
放射能の話をしてくださって、
そこでしか言えないもろもろの本当の話を聞かされたそうで…。

………。


また、心配していた友人関係も、
適当に流す付き合い、という事も出来るようになったようで…。


今度の学校には臨床心理士で生徒のメンタルケア―担当で、
カウンセリングの先生が常駐しているのだが、
『私の事は~さんとよんでください。先生とは言わないでねっ。』と自己紹介されたそうだ。


他の学校から来た生徒は戸惑い、
デキル君は、もう慣れたもんだ。

心理士の先生に対しては『相談しやすい明るい性格。』と、感じたらしい。

クラスの教室では、
クラスの生徒同志の自己紹介をしてくれない担任の変わりに、
ダイビングの教員が気を遣って行ってくれたらしく、
そこでデキル君の卒業高校の 自由の森学園の名を声、高々に???発表すると…

えっ?!
と、どこからか声が漏れて…

その子の番が来るや、飯能高校から来た生徒だそうで…。
それでもその後の接触はまだないらしく。


後少し、時間がかかりそうな雰囲気かな。



まだまだ友人関係とまではいかず、
時間があれば放課後、池袋で自森OBが集まり、お互いの家を行き来している。

入学初日の後は、なんとわざわざ飯能までみんなして集まり、
カラオケして来たそうだ。


デキル君の言う事には、
『やっぱ、自森には変な奴が多かったけど、
何かを持っている奴ばかりだった。
すごいやつが沢山いたんだ。自森の方が楽しかった。』


そうで。ん…。ん…。



失ってから気が付く事の多い事。
今の学校だって、卒業したら、同じ事言うだろうな~。


とにかく他の先生とは仲良くなれて、
どうもその先生達と一緒に
PSPのゲーム・モンスターハンター(通称 モンハン)で対戦して盛り上がっていて、
そこにめちゃくちゃなヤンキーが参加してきて、
なんとかなっているようだ。

オカマ2人もいたり、大学卒業してきた人がいたり、
色々楽しそうなメンバーのようだ。
[PR]
by futoukou | 2011-04-13 22:54 | 私のうちのお話 あれこれ

おめでとう

春のうれしい便りをひとつお伝えします(^^)/





お久しぶりです
元気ですか?

今日 ○○の、○○学園 の入学式がありました

やっと やっと
この日を迎える事が
出来ました(涙)

これからも色々
あると思うけど
ちょっとだけ安心

ご心配おかけしました
m(._.)m








ご連絡ありがとうございましたヽ(^^)

んー。わかるわかる。ちょっとだけ安心って。
きっと『また…』を連想しちゃうんだよね〜。
何度も痛い思いを経験しちゃうと、素直に喜べないもんよね。(T^T)


でも、“あの時期”を思い出したらすごく成長してるよね。

自分で進路も考え、着実に前に前に進んでたね。
今後壁にぶち当たって凹んでも、
立ち直る術は身につけてきたろうね。

ほんとに山岳地帯に迷い込んだ様な時間が長かった。

見晴らしのいい場所に出た気分はさわやかです。



実は家のデキル君も、今日、スーツを来て
出掛けて行きました。

入学式は残念ながら中止になりましたが、
専攻学科別に式を行うそうです。

1年ぶりのスーツ姿、
やっとここまで来た~ってほっと一息。(^_^;)
[PR]
by futoukou | 2011-04-11 15:01 | うれしいニュース

ふるさと

謹んで 黙とうを捧げます。


[PR]
by futoukou | 2011-04-11 14:46 | スーさんの旅日記

4月11日午後2時46分~『ふるさと』を歌いましょう

須田です。
私の知り合いからこんなメールが送られてきました。
いろんな所で『ふるさと』を歌って被災地の方にパワーを送りましょう。
呼びかけている天野秀昭さんは
日本で最初の冒険遊び場のプレーリーダーになった方です。



以下抜粋

「ふるさと」 一緒に歌いませんか!
この歌を、勝手に震災応援歌としました。

あっという間に大切な人を、ふるさとを失った無数の人たち。
えぐられるような深い悲しみと、心におさめきれない無力感は
直接被災にあった人はもちろん、日本のすべての人、世界の人も痛いほど感じている。


何かしたい、でも何もできない事へのあせりと苛立ち。
何かしなくちゃ、でも何ができるの?

未曾有の自然災害の後に起こった、空前の人災。
自分の身の安全ばかりに気をとられだしたとき、本当に危険な時を迎える。



だから、気持ちを合わせたい。
心をひとつにしたい。
だから、歌いたい。
みんなで歌いたい。

大切な人を失った人も、守った人も、亡くなった人も、いのちのある人も、
家を流された人も、焼かれた人も、壊された人も、生活の糧を失った人も
出稼ぎに来ている人も、職のない人も、海、山、土につかえる人も、サラリーマンも
子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも、お母さん、お父さんも、若者も
誰もが知っているこの歌を、みんな一緒に歌いませんか。

●とき・・・・・4月11日(月)午後2時46分
●ばしょ・・・そのときにみんながいる、そこが会場

 



 うさぎおいしかのやま こぶなつりしかのかわ
 ゆめはいまもめぐりて わすれがたきふるさと

 いかにいますちちはは つつがなしやともがき
 あめにかぜにつけても おもいいずるふるさと

 こころざしをはたして いつのひにかかえらん
 やまはあおきふるさと みずはきよきふるさと


みんながいるところ、そこが会場です。

仕事中の人は心の中で、デイサービスではなつかしんで、保育園では子守唄として、街のミュージシャンは路上で、病気の人は布団の中で
もちろん自主的に集まる場を決めてくださってもかまいません。
ハミングで、大声で、楽器を持って、口笛で、コップを叩いて、
それぞれの場所で、時を同じくして一緒に歌いませんか。


震災の日からちょうど一ヵ月後
4月11日(月) 午後2時46分
北海道から沖縄まで、すべての人と歌いたい。
失ったふるさとを、私たちは必ず取り戻す。
みんなで心をひとつにして、そう願って。



これを呼びかけるぼくは
4月11日(月)午後2時20分頃から世田谷区立羽根木公園の中央広場に行き、
46分、一分間の黙祷をささげたあと、「ふるさと」を歌います。
この思いを同じくする素敵な仲間達と共に。

羽根木公園は、小田急線梅丘駅から徒歩2分。
日本で初めての常設の冒険遊び場が生まれたところです。
ぼくはそこでたくさんの子どもといっぱい遊びました。
ここが子どものふるさとになってくれたらいいと願って。

ふるさとは、子ども時代の遊びの記憶と共にあるからです。

 やまはあおきふるさと みずはきよきふるさと

気持ちがあればできること。
表すことで、きっと勇気がわいてくる。
そう信じています。


呼びかけ人

天野秀昭と冒険遊び場の仲間たち

「このメールは、天野の知人、または関係のMLをBCCで送っています。
ご迷惑でしたら、ごめんなさい。
携帯メールの人も、長すぎてごめんなさい。
ご賛同いただけたら、たくさんの人の回してください。





天野秀昭の自己紹介

冒険遊び場(子どもが「やってみたい」と思うことをできる限り自分の手で実現できることを保障しようと作られた手作りの遊び場。プレーパークともいう)で、日本で初めて飯を食った人間。全国にこういう遊び場を広げようとしている。

今回の震災でも、子どもが遊びを通して心のケアができるようにと被災地に遊び場を作る計画を練っている。
世田谷区在住。

amakappa3@s02.itscom.net


もう一つ紹介させてください。

朝日新聞に『だいじょうぶ』のコラムを書いている西野博之さんのコメントです。

子ども夢パーク&フリースペースえんの西野です

天野さん、みなさんへ
まだ、一部のスタッフや子どもたちとしか話していませんが、
歌はいつでも、だれでも、好きな時に口ずさむことができるので、
11日、2時46分、歌いたくなった人たちと一緒に、
「ふるさと」を、祈りを込めて歌いたいと思います。ありがとう。

それと、ダイフクさんが書かれていた笠木透の「私の子どもたちへ」は、
僕も大好きな曲です。
いま、あらためて詩を読むと、自分の胸にグッとささるものがあります。
私たち大人が、多くのツケを子どもたちに負わせてしまう社会を
つくってきてしまったんですよね。
かつて私たちが経験したことのないような規模の「天災」と、
決して「天災だから」では済まされない「原発事故」
手を洗うのも、トイレを流すのも、お湯を沸かすのも、ドアを開けるのも、
生活のあらゆる場面で電気に頼らざるを得ない社会を
「快適」というラッピングに包んで子どもたちに手渡してきた。
汚れた水や土は簡単にはもとには戻らない。
いま私たちにできることは、なんなのか。
被災地の方たちと繋がりながら、具体的にできることをやっていきたい。
そして日常の暮らしのなかに少々の「不便」をとりもどす覚悟を決めて、本気で
いまの暮らしを見つめ直さない限り、子どもたちにきれいな空も川も野山も
残すことはできないんだと思う。
                               西野博之

私の子供たちへ
作詞 作曲 笠木 透
生きている鳥たちが 生きて飛びまわる空を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎまわる川を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 野原がみえるでしょう
近づいてごらんなさい りんどうの花があるでしょう


生きている君たちが 生きて走りまわる土を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう
[PR]
by futoukou | 2011-04-08 09:31 | スーさんの旅日記

不登校・引きこもり・ニート問題を考える


by futoukou
プロフィールを見る
画像一覧