プロフィール

ニックネームfutoukou
自己紹介 【不登校・引きこもり・ニート問題を考える】https://www.angermanagement.co.jp/outline/facilitator/25086(私のFacebookです。)はじめまして。こちらのブログを運営していますぺんぎんです。長い間話せなかった事も含め、私が不登校支援を始めたきっかけをお伝えしたいと思います。私の長男は、小学校4年の10月に転校をしました。そのころ下の子はまだ1歳でした。次男は長年の不妊治療の末に早産未熟児で生まれ、動物アレルギーから始まり、卵や牛乳、ゴマ、果物、ナッツなどの食物アレルギーと、更に喘息で粉ミルクすら普通に飲めなくて、体調・食事管理の事で頭が一杯で毎日を送っていました。そんな中、長男は、転校してから次第に学校に行かなくなり転入先の先生にも相談しましたが、なかなか解決しませんでした。そのうち、主人はストレスから長男や私に対し暴力的になりました。そのころまだ1歳だった次男すらストレスで円形脱毛症になり、次男を皮膚科に連れて行っていた私までが、円形脱毛症になってしまいました。長男はひと月もお風呂に入る事を拒否しました。朝昼逆転。会話もしなくなり、どんどん痩せていきました。家族だけではどうにもならず、親の判断で当時珍しかったフリースクールに通わす事に決めました。そこに自主的に行くのにも、相当大変でしたが、支援員の方の配慮で楽しく行けるようになりました。6年の時には学校をあきらめ、行かない宣言をさせて頂きました。ちょうどそのころ実家の母が末期のガンで倒れてしまい、頼れる人がいなくなりました。次男の精神的にも良くないので保育園に預けようとしても働いていないので預けられなくて、なんとか一時預かり保育を延長しながら3歳で幼稚園に入園するまでこの時期を乗り越えました。ここでも、毎月給食が普通に食べられない次男の為にコピー食を持参していました。その打合せもあり更に毎月延長の為の面接で支援センターの方と話をしなくてはなりませんでした。毎回長男の不登校を理解されず、次男が可哀想と責められているとしか感じられない辛い時間でした。そして、藁をもつかむ気持ちで心理学を勉強し始めました。中学は地元には行きたくないし、行けない状況でしたので、当時通っていたフリースクールの勧めもあり、中学校から自由の森学園に入学しました。長男がここに入学してから私自身の価値観の偏りに気が付き始め、少しづつですが長男も精神的には落ち着いてきた様子でしたが、まだ状況はたいして変わる事はありませんでした。なぜなんだろう。。。自問自答しながら、沢山の不登校を持った経験者の親たちとともに、この運営を開始したのが当時の始まりです。そしてその中で、怒りについて学ぶ機会を得てアンガーマネジメントを始めました。どうして、主人はいらっとすると暴力を振るうのか。どうして私は、言いたい事がまったく言えないのか。どうして息子は動けないのか。その疑問をひとつひとつクリアしていくと長男は卒業してから見事に働き始め、今ではあれだけ人目が嫌いな息子が毎日働き社員や仕事の関係者の方々から愛されキャラになっているらしいのです。今では 自分が大変だった時の話、伝えていいよ。と、笑顔で明るく話してくれました。そして、ここに改めて当時の状況を書き加えました。長男の不登校の最中の次男の体調管理。ガンの母に投与する為の丸山ワクチンに関する家族・病院との闘いと、看護と死。そして、母の死後くも膜下出血で倒れた父の介護と死。主人に対する葛藤と、主人のガン宣告。18年間、様々な問題を少しずつ越えてきて、今では親子で笑って話せます。現在、大変な状況の中にいらっしゃる方に私の経験も役に立つなら、無駄だったとは思う必要がなくなります。現在は埼玉県西部地区を中心にアンガーマネジメントメインで活動していますが、不登校カフェも開催しています。ご要望があれば、カウンセリングをさせて頂きます。フォームズやメールからご連絡ください。一人で悩まず、我慢しないでくださいね。https://ws.formzu.net/fgen/S85221554/cococalm9353@gmail.com
性別女性
職業その他
趣味・興味生け花。油絵。水泳。コーラス。
経歴秘書。中学校相談員。
好きな場所隅っこ
好きな本北 杜夫  どくとるマンボウ シリーズ
最も幸せな時夕日を見つめている時間
ライフスタイル既婚